「可能性」は「無限大」。

HOME | interview | 深澤 修一郎さん:OBOGインタビュー

LDSは真剣に自分を振り返る場

深澤 修一郎(ふかさわ しゅういちろう)さん

ITソフトウェアメーカーで代理店営業を担当。働く上でのポリシーはどんな仕事でもポジティブに取り組むこと。まだ誰もやったことの無いことへの積極的なチャレンジすることに燃える男。

ーーLIFE DESIGN SCHOOL(以下:LDS)での体験を一言で表すとしたら?
 
修さん:真剣に自分を振り返る場でしたね。自分だけではなくて、同じクラスの仲間と一緒に行うので、その仲間の話と照らし合わせながら振り返ることが出来たのが面白かったです。自分で触れてなかった過去や、考えてなかった部分を質問してもらって、深く考えることが出来ました。
 
 
ーー自分で考えていなかったけど、その場で考えたことってどんなことがありますか?
 
修さん:人生における、自分の気持ちの浮き沈みを表現する「ライフチャート」を書いたりしました。いろんなワークを通して、忘れていた過去、あまり考えていなかった過去を振り返ることが出来ました。
 
今、考えると、LDSで自分の過去について振り返ることが出来て良かったです。特に、私は家族のことを振り返れたのが大きかったです。私の両親は離婚しているんですが、私自身、世間体を気にしてあまりそのことについては話していませんでした。話した方が良いかもしれないと思うことはありましたが、わざわざ話す必要もないと考えて、自分のバックグラウンドについては話をしてきませんでした。

ーーそうなんですね。LDSではどんな質問をされたんですか?
 
修さん:「家族とはどうなの?」と質問されました。何気ない、会話の流れの中だったと思いますが、その質問をされた時はかなりドキッとしました。そして、そのあと数分、言葉につまり、かなり泣きました。自分の中では衝撃な出来事でした。どうして涙が出るんだろうと。
 
そのあと、冷静になってから思ったのは、「両親が離婚した」ということは、自分にとって「悲しいこと」だった。だから涙がこぼれたと理解しました。悲しいことは嫌なので、自分の気持ちにフタをして、振り返らない、語らないようにしていたんです。ただそのような思考習慣が、本来、表現すべき自分の気持ちや感情も隠してしまっていました。

そんな中、LDSで過去を振り返れたおかげで、自分の気持ち、感情をありのまま受け止められるようになりました。そして、今後の進むべき道も自分の気持ちを正しく捉えながら、決めていくことができたんです。
 
 
ーーなるほど。過去を振り返ったことが、良い影響をもたらしたんですね。
 
修さん:はい、自分がごまかしていた感情と正面から向き合えました。その結果、自分自身の将来のことを真剣に考えることができました。

余談ですが、久しぶりに自分自身の話をすると、なんとなくLDSをやっていた時の感覚が蘇って来ますね(笑) 最近は、仕事をしていることもあり、あの頃と比べると自分自身のことについてしっかり考える時間を取れていないように感じますね。LDSは感情の部分を深く話せる貴重な場だったんですよね。

ーーありがとうございます。そんな修さんが今、実現したい未来は何ですか?
 
修さん:正直なところ、まだ明確なものは見つけられていません。でも大切にしたいと思っていることはあります。それは「物事をポジティブに捉えること」です。これができれば、良いことが多いはずです。
 
例えば、離婚の話ですが、もしポジティブに捉えることができていれば、両親はお互いの良い面を見て、喧嘩別れをせず、済んだかもしれません。また逆に自分自身が離婚に巻き込まれてしまっても「貴重な体験ができた」とプラスに考えることができます。まずは、自分がなるべく物事のポジティブな面を見て、行動をしていけたら良いなと思っています。
 
 
ーー僕は基本的にネガティブな捉え方をしてしまうので、前向きにしていこう。と言う想いは大切だなと改めて感じました。修さんも、もともとネガティブなタイプだったんですか?
 
修さん:割と昔から楽観的ではありました。ただ、LDSを体験してから、物事に対してポジティブとネガティブの両面を考えるようになりました。それで、ポジティブな考え方を選択していくようにしています。繰り返しているうちにポジティブが強い思考習慣になりました。
 
 
ーー僕はよく否定したくなる時が有ります。そんな時に気を付けている事はどんな事ですか?
 
修さん:否定している自分をまず認識することを心がけています。そしてポジティブな面を即座に考えるようにしています。ただ完璧は難しいので、出来ない事が有ってもそれは仕方がないと思えることが大切だと考えています。

ーー今、修さんはどんなことへ挑戦していますか?
 
修さん:常にポジティブな考え方で物事に取り組んでいくことに挑戦しています。そしてその結果、自分に関わる人たちもポジティブになれる様に影響を与えていきたいと思っています。まだまだ挑戦中ですが。。
 
そしてポジティブに考える為に重要なのが、「人のせいにしない事」だと思っています。人のせいにしてしまうと、振返りが出来なくなってしまいます。すると改善する余地が無くなり、次のより良いアクションに繋がらなくなってしまう。
 
何か失敗したとしても落ち込まず、あの時こんな事が出来たな。じゃあ次はこうしようっていうように考えられることが重要だと思っていますし、そんな捉え方を広げていけたら良いと思っています。
 
あとは、スキルを身につけていくことも挑戦しています。スキルをたくさん身につけて、
いろんな人の役に立っていきたいと思っています。
 
 
ーースキルってどんなスキルですか?
 
修さん:今は営業としてお客様の業務改善を提案する仕事をしています。IT、業界、法律の知識をバランスよく身につけていないとお客さんの改善提案が出せないので、その為のスキルを高めるために日々活動しています。
 
 
ーースキルが重要だと思ったキッカケは何ですか?
 
修さん:私が所属している企業はソフトウェアメーカーなのですが、知名度があり、製品も優れています。そのソフトを提案するとかなりの確率でお客様に喜んでもらえます。
 
そんな中、ふと思ったことがありまして、もしこの製品でなかったら、自分はお客様に喜んでもらうことができるのかと。製品がなくてもしっかりとお客様に認められる力をつけたい。そう思うようになり、自分自身のスキルを高めたいと思うようになりました。

ーーありがとうございます。LDS参加前の修さんはどんな学生でしたか?
 
修さん:大学のポータルサイトの運営やフリーペーパーを作成する学生団体に所属していました。高校までは野球や陸上などのスポーツをやっていましたが、大学に入ってからは社会人になって役立ちそうなことをしたいと思って、その学生団体に入っていました。団体の代表をしていましたが、あまり自分のことは話さなかったり、自分自身の感情、想いを伝えるのは下手でした。
 
 
ーーそうなんですね。今はどうですか?
 
修さん:今も得意ではありませんが、自分自身のことを聞かれたらしっかり答えています。昔は、聞かれても話を逸らしていたので、昔と比べるとだいぶ変わりました。
 
そうなったキッカケはやはりLDSを体験したことだと思います。家族のことについて話せたのが、凄く大きなキッカケでした。そこから人との接し方も変わってきました。自分の事をしっかり話せるようになって本当に良かったです。自分が話すことで、相手も話してくれることが増えましたし、良い関係性を築くことができるようになった気がします。
 
 
ーーありがとうございます。修さんがLDSに参加しようと思ったきっかけは何だったのですか?
 
修さん:就活の自己分析をしようと考えていた時に大学の先輩に誘われました。LDSの説明会に参加したところ、純粋に楽しさを感じたんですよね。ちょうど自分の自己分析になりそうだし、せっかくの機会だから参加してみようと思い、LDSに参加することにしました。
 
 
ーー修さんがLDSを通じて磨いてきた「生き方」とはどんなものですか?
 
修さん:何度も繰り返してしまってますが、ポジティブに考える事でしょうか。捉え方を変えるだけで人生良くすることができるという感覚が強くなりました。そのためには他人のせいにしない。全て自責で考える。それが重要だと思いますし、「自責」の考え方ってお得だって思うんですよね。なぜなら「自責」で考えていれば、問題点を探求できる。他責だと人のせいにして終わりじゃないですか。自責だと、改善策を考えて行動していけるので、ずっと成長し続けられるからお得ですよね。

宮さんの結婚式当日

ーーなるほど!お得だって捉え方は衝撃的です!確かにそうすれば成長していけますもんね。そう捉えれば良いって考えたら、だいぶ気が楽になります!最後に、LDSに参加する人へ伝えたいメッセージを教えてください。


修さん:迷ってるなら是非、自分への投資だと思って参加して下さい。こんなに深く自分を振り返れる機会は無いと思いますし、一般的な就活でやるような自己分析とは一味違います。またクラスで実施するので、一緒に考え、悩んでくれる仲間も出来きてとても楽しいです。
 
 
ーーOBOGの皆さんは、この質問だけはみなさん「迷ってるなら参加すべき」と「仲間が出来る」と言う事を仰るんですよ。誰にでもそう感じさせらえる場って凄いなって改めて感じます。
 
修さん:何が凄いって、具体的に言葉にしろって言われると難しいですが(笑)とにかく自分自身に対して発見がすごく多い体験なのだと思います。他のセミナーや講座では、同じ気付きや学びが得られないと思いますよ。是非、説明会へ参加してLDS独特の雰囲気を体感してほしいと思います!
 
 
ーーありがとうございました!

インタビューを終えて

修さんのお話を伺っていて、心の中に秘めていたものが、LDSを通じて言語化され、今の修さんのスタンスや行動になっていったんだなぁということを感じました。それとインタビューの中で伺った「自分のせいに出来たらお得。」と言う”自責”のお話が本当に衝撃的でした。今までは自分のせいだと捉えた時、何で自分ばかり反省しなければならないかと思い、嫌になる事が自分は多かったんですが、このお話を伺ってから、自分のせいに出来れば今より前に進めるんだと改めて感じる事が出来るようになった衝撃のインタビューでした!

この記事を書いた人:Kazu

中学時代にいじめを受けていた事がキッカケで、自分もみんなも「本当はこうしたい」と言う想いを大切に出来たら良いなと思っている。自分の想いを自由に語り、本音に気付けるはぐくむの場に惚れ込み、6月からインターン中。鼻炎持ちで、ミンティアを食べると時々くしゃみが止まらなくなる。好きなティッシュは鼻セレブ。
 
 

Recommendation

OBOG インタビュー

LIFE DESIGN SCHOOLで未来が楽しみになった

宮本 大輝(LDS 第1期生)

首都大学東京経営学系卒業後、2009年コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン入社。店長職、本社での人材育成職、新規プロジェクト等を担当。在職中に、国際的なコーチ養成機関CTI JAPAN にて、コーチ養成プログラム応用コース及びリーダーシッププログラムを修了。

LDSは人生における選択の判断軸

會田 幸男(LDS 第2期生)

2010年、大手信託銀行入社。支店での資産運用提案、遺言・相続サポートを経験後、本部でのマンションデベロッパーとの協業による提携住宅ローン事業に従事。その傍ら、グロービス経営大学院に入学。志高き経営者、仲間と切磋琢磨する中で「自分が本当に役に立ちたい相手は誰か」立ち返る。その後、ジョブチャレンジ制度を活用し、

LIFE DESIGN SCHOOLは人生の基盤作り

岩野 佳太(LDS 第3期生)

2011年 大手通信会社に入社。大手・中小・ベンチャー・代理店と、あらゆる法人営業を経験し、社長表彰をはじめ数々の賞を受賞。「自分・周りのパフォーマンスを最大限発揮しながら働く人を増やしていく」ことをモットーに、コーチとしても活動しており、

LDSは過去と未来から今が見える場

中谷 悠輝(LDS 第5期生)

早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカーに入社。関西地区にて設備系の会社で営業を担当。プライベートではホームパーティーを大阪、東京にて継続。成長と貢献をキーワードに日々活動をしている。

Schedule

開講スケジュール

開講スケジュール 

※プログラムは6ヶ月間です。現在、申込を受付しているのは下記になります。
 
東京第10期:2016年10月〜2017年3月 満員御礼!
東京第11期:2017年  4月〜2017年9月 満員御礼!
東京第12期:2017年10月〜2018年3月 満員御礼!
大阪第  2期:2017年12月〜2018年5月 受付開始!
東京第13期:2018年  2月〜2018年7月 受付開始!
東京第14期:2018年  4月〜2018年9月  受付開始!
 
 

 説明会スケジュール

LIFE DESIGN SCHOOLに興味を少しでも持たれましたら、まずは1度説明会に参加してみてください。
現在、下記の日程で参加申込を受付しております。
下記の日程で都合が合わない場合は個別相談会も設けておりますのでご連絡ください。
 
2017年11月02日(木)18:00〜21:00 大阪
2017年11月09日(金)18:00〜21:00 大阪
2017年11月30日(木)18:00〜21:00 東京
2017年12月14日(木)18:00〜21:00 東京
2018年  1月11日(木)18:00〜21:00 東京
2018年  1月26日(金)18:00〜21:00 東京
2018年  2月06日(火)18:00〜21:00 東京
2018年  2月13日(火)18:00〜21:00 東京