挽地 真央|LIFE DESIGN SCHOOL - ライフデザインスクール

icon参加者インタビュー

「人生やっと前に進んだ」LDSオンライン5期生まお体験談インタビュー

この記事では、ライフデザインスクール(以下LDS)卒業生にインタビューを行いLDSの価値と「あなたの好きはなんですか?」について迫っていくインタビュ記事です。

挽地真央/hikichi mao
2019年12月から、オンライン5期生としてLIFE DEDIGN SCHOOL(以下LDS)に通っていた。家族のことで悩み、人生をあきらめていたという彼女に半年間を通じてどんな変化があったのか、今思うことを聞いてきました。

ーどうしてLDSに参加しようと思いましたか?


いろんなことが上手くいっていなくて限界が来たからです。一人で抱え込んでいてパンクしたんだと思います。私はお母さんとの関係が複雑で悩んでいました。誰かに相談したいし聞いてほしかったけれど、言えなくてずっと苦しんでいました。苦しいなって思いながら生活してました。そして、人と関わるのが怖くなっていました。家族のことも友達に言えなくて、悩んでいることも周りには見せないようにしていました。なんでもハッピーで悩みなんかない創った自分でした。そうやって無理をして創った自分で接しているから居心地が悪かったです。無理をするのが疲れたから、人と関わるのをやめたら楽になると考えていました。

「本当の気持ちに気づいた」

そんな時LDSに出会って、お母さんの話をしたら、「本当はキラキラした自分になりたい」「もっと人生楽しみたい」という本当の思いが出てきました。その時、「今までは一人で頑張ってきて、一人で頑張るのはもう嫌だって思っているんだよね。今度はみんなと一緒に頑張ってみない?一緒に頑張りたいと思っているよ。」って言われたんです。一緒に頑張りたいっていってくれる人がいるんだと思ったことが参加のきっかけです。

ーLDSに参加する前はどんな感じでしたか?


人生をあきらめていました。自分の人生に期待しないで淡々と生きていこうと思っていました。人生楽しみたいなっていう気持ちはあったけれど、どうせ無理だと思っていました。自分の人生の中では幸せも感じられないと思っていました。

「どうせ意味ない」「期待するのに疲れた」

LDSに入る前も何度も悩んできました。例えばやりたいことを見つけたくて心理学を勉強していました。つらい思いをしていたり、生きるのが苦しいなっていう人の手助けをしたいという気持ちでした。でも、今の自分には出来ないから、もういいや、やめようと思っていました。家族のこともずっと悩んできて学校や塾の先生、父やお母さん本人にも相談して、相談した瞬間は解決した気がしていたけれど、少し時間が経てば、また元に戻ってしまいます。どうせやっても意味ないなみたいな感じになっていました。


ーLDSに参加してどんな変化がありましたか?


1つ目は、これからの人生についてポジティブに考えられるようになりました。きっかけは、助けて欲しいといったら助けてくれる人がいるという思考回路になったことです。今までどうせ「助けて」と言っても助けてくれないでしょ、と思っていました。しょせん他人事だと思われるだろうなと。でも半年間いろんな人のあったかさを感じたことで「人ってあったかいな、弱い自分を見せても受け入れてもらえるんだな」と思えました。

「弱いところを見せても大丈夫」

そう思えるようになったきっかけは1回目の合宿です。合宿で自分の過去に向き合う時、私の中では向き合いたい過去は決まっていました。家族のこと、お母さんについてです。合宿中は本当にやばくて、めっちゃ叫んで泣いていました笑。はじめて自分の弱い部分を全部出した瞬間でした。でも、同時に「みんなにどう思われるんだろう。この子やばいなとか、めんどくさいな、関わらないでおこうと思われたかな」と恐怖を感じていました。また私が弱いからそうなっているだけ、みんなつらいことはあるよ、と冷たくあしらわれるのではないか、と怖かったです。でも実際は「まおのこと心配だった。」「大丈夫かなって思っていた」「助けたいし、一緒にこれからどうやっていけばいいか考えたい」と言ってくれるみんながいました。弱いところを見せても大丈夫なんだって思えた瞬間でした。

まお2

私は今まで生活してきた中で、弱い部分をなるべく見せないで、強い子でありたいと思っていました。だけど、それが気がついたら強がってるだけになってて、苦しかったです。あんなに弱い自分を見せたのは初めてで、すごく怖かったけれど、みんなからの言葉に救われました。そこでみんなのことを安心して信じていい人たちなんだな、と思えました。

「願いを持てるようになった」「人生やっと前に進んだ」

2つ目はやりたいことが出てくるようになりました。LDSに来る前は無気力で病んでいました。私には帰る場所がないと思っていたからです。家族みたいなあったかい環境があったら、自分が怖いなと思ったことにも挑戦できると思います。挑戦して、失敗したとしても、帰れる場所があったら人って頑張れそうじゃないですか。でも自分には帰ってくる場所がないと思っていました。だから何も出来ない、何もやりたくない、もう全部いいやと思っていました。でも、LDSという環境が、帰ってくる場所になりました。家族みたいなあったかさを感じられる場所になったからいろんなことがやりたいと思うようになって、無気力じゃなくなりました。

人生やっと前に進んだんだなっていう感覚が一番大きいです。助けてくれる人っているんだなと思えて、仲間ができました。今まで悩んでいたこと、生きづらさを感じてきたことに対して、一緒に前に進もうとしてくれている人がいることを感じて、人ってあったかいんだなと思えました。

ーLDS中にどんなチャレンジをしましたか?


家族について考える機会をもっと作って欲しいという願いから「家族のカタチについて考えよう」というイベントを開催しました。また、悩んでいる人にとっては一人じゃなくてみんなで考えるきっかけになったらと思いました。参加してくれた人が「今は家族と理想の関係ではないけれど、これからみんなで理想とする形に近づいていけるように頑張りたいと思えた。」と言ってくれたり「考えるきっかけをもらえて良かった」と言ってくれて、やってよかったなと思いました。以前私は、寄り沿ってもらう人を見るとパニックになるという症状を抱えていました。誰かが悩みを話して、相談に乗ってもらっている状況や寄り添てもらっている状況だととにかくその空間にいることが苦しくて、その場から逃げちゃうという感じでした。苦しくて苦しくてしょうがないから、私って人に寄り添えない人なんだと思っていました。でも、半年間かけて、やっぱり人に寄り添える人になりたいなって思えたんです。このイベントを開催できて本当に良かったです。

ーどんな未来を実現したいですか?


愛や笑顔であふれる世の中にしたいです。私みたいに人生あきらめてたり、幼いころからもっている過去の痛みがずっとそのままで前に進めないな、人生楽しくないなって思っている人たちに生きるって楽しいと思ってもらいたいです。今幸せだなとか、生きていて良かったなって思える瞬間をたくさん増やしたいです。そのためにコーチングを勉強したり、心理学を勉強したりして人の心に寄り添う仕事につきたいと思っています。

「私が代わりに信じてあげたい」

もし、家族のことなどで悩んでいる人がいたら、今すぐに現状が解決することは難しいかもしれないけど、それでも向き合い続けたらきっと前に進む瞬間がくると思います。今そうやって、無理でしょって思ってしまう気持ちは分かります。無理でしょって思ってしまうのも仕方ないと思います。そうやって信じられない分、私が代わりに信じてあげいです。人生前に進む瞬間は絶対に来るし、助けてくれる人は世の中にいるよって伝えたいです。

まお4

ーLDS参加に迷っている人に一言


変わるチャンスや人生を前に進めるチャンスだからこそ、そのチャンスを掴んで欲しいです。実は私も一回断っているんです笑。「頑張ってもどうせ人生変わらない、その分頑張るエネルギーなんてない。自分に向き合うとか、人生を前に進めるために頑張るとか疲れたし、半年間もかけてやんなくていい。変わりたいけれど、もう疲れました。」と言って2時間近く悩んでいたんです。
でもチャンスを掴んで本当に良かったと思っています。あの時、行かなかったら今の自分はどうなっていたのだろうと考えてただけで恐ろしいです笑
だからこそ、チャンスはしっかりと掴んでほしいと思います。

Life Design Schoolは無料体験会を実施中

Life Design Schoolは体験会を随時開催しています!
「やりたいことをみつけたい」
「自分と向き合いたい」
「漠然とはたらくことに疑問を抱いている」
そんなあなたが一歩踏み出すきっかけになると思います。
無料体験会に興味のある方はこちらから参加申し込みを!

画像3
line

ライフデザインスクールの無料説明会へ参加してみる!

インタビュー一覧

さあ、
本当の自分に
出会おう!
無料体験会へ
申し込む