ライフデザインスクール:はたを掲げて生きる
ライフデザインスクールのコンセプト:RICE WORKからLIFE WORKヘ

自分の可能性に挑戦する6ヶ月。

1度きりの この人生を何のために働き、何のために生きるのか?ライフデザインスクールは、自分の生き方を見つめ直し、自分の可能性にフタをせず、心から実現したい未来を描き、それを実現できるように自分自身を磨き上げていく半年間のスクールです。
ライフデザインスクールの説明会申し込みはこちらライフデザインスクールの説明会申し込みはこちら

6ヶ月の挑戦を経て舞台に上がる。

ライフデザインスクールの6ヶ月の最後を飾るのがLIFE DESIGN SCHOOL FORUM。100名近い来場者の前で、自分自身のこれまで、そしてこれからの実現したい未来、生き方について語る舞台にそれぞれが上がります。東京11期の様子をダイジェストでご覧ください。
ライフデザインスクールのイラスト:3つの旗

LIFE DESIGN SCHOOLの3つの特徴

徹底的に自分自身と向き合う

ライフデザインスクールの風景:合宿

ライフデザインスクールでは、とことん自分自身と向き合う時間があります。自分は何のために働き、何のために生きるのか。自分にとっての幸せな人生とはどんな人生なのか。普段、考えるようで、深く向き合って考えることのない大切なことに向き合っいきます。また、自分が歩んできた人生を振り返りながら、今の自分を形成している価値観や世界観、思考や行動パターンを見つめなおしたり、望ましい人生へとつながる習慣を養っていきます。徹底的に自分自身と向き合う中で、考え方を磨き、習慣を磨き、心を磨く。それがライフデザインスクールの大きな特徴の1つです。

可能性にフタをせず未来を描く

ライフデザインスクールの風景:こう

ライフデザインスクールでは、可能性にフタをせず、何でもありで未来を思い描いていくことを大切にしています。まずは、思いっきり大風呂敷を広げてみたい。「どうせ、無理でしょ」「そんなことを描いたって叶わないよ」という あきらめが大嫌いだし、負けたくない。自分の未来の可能性を信じて生きる。今できなくても、今まで出来なかったとしても、これからは出来る可能性はいくらでもある。目線を高く、前向きに、自分が生きたい人生を望んで生きる。ライフデザインスクールは常に未来に対して前向きで、積極的に生きる力を全力で後押ししていきます。

実行力と実現力をとことん鍛える

ライフデザインスクールの風景:合宿2

ライフデザインスクールは、実現したい未来を描くだけで終わることなく、それを実現できる力を養っていくことにこだわっています。習慣チャレンジや、マイプロジェクトを通じて「出来ない」「怖い」「無理だよ」と思う弱気な自分に打ち克っていき、行動していく力、形にしていく力をとことん鍛えていきます。そうした連続的な行動、マイプロジェクトの積み重ねで、自分の「したい!」を具現化する力が、自分でも驚くくらいのレベルまで高まっていきます。

 

 自分の可能性にチャレンジしたい人たちが多く参加しています!

  • 自分の将来を真剣に考えたい
  • 自分が本当にこれからどう生きていくのか、どう働いていきたいのかをしっかり考えたい!ただ漠然と、周りと同じように生きるのはイヤだ!
  • 自分の可能性にチャレンジしたい人
  • もっともっと出来ることがあるはずだし、今のままじゃイヤだ。自分の可能性を思いっきり試したい!本当はもっと自分はできるはずだ!
  •  夢を叶える力、実現力を高めたい人
  • 自分の実現したいことを叶えるだけの力が欲しい!もっとデキるようになりたい!社会の第一線で活躍できるだけの力、器磨きがしたい!
  • 自分の過去としっかり向き合いたい人
  • 1度しっかりと自分の人生の棚卸しがしたい!生きづらさや、まだ上手く乗り越えられていない体験を乗り越えて、自分本来の良さを発揮したい!
  •  最高の仲間、コミュニティーが欲しい人
  • お互い、高みを目指して、切磋琢磨しあえる仲間が欲しい!躓いた時には支え合え助け合いながら、互いの実現したい未来を目指すコミュニティーが欲しい!

ライフデザインスクールには、こんな想い、願いを持って参加してくれる人たちが多く参加しています。もし、上記に当てはまる部分があれば、ライフデザインスクールはきっとお役に立てると思います!

ライフデザインスクールの説明会申し込みはこちら

たくさんの卒業生に喜ばれています

LIFE DESIGN SCHOOLは2007年に始まって以来、多くの卒業生の人生に影響を与え、多くの卒業生から喜ばれてきています。

ライフデザインスクール生:マッキー

最高の仲間と人生が変わる場所

LDSに参加して人生が変わったと思います。今の自分には確かな「軸」があり、実現したい未来があり、そこへ向かって日々を過ごしています。それは、LDSには将来に対する自分の挑戦を発信できる場があり、最高の仲間たちが背中を押してくれたからです。

眞木 凌(東京 10期)
 玉川大学 3年
ライフデザインスクール生:ロバート

今なお、色あせない実現したい未来

徹底的に実現したい未来を描く。それをやりきったのがLDS。LDSで描いたことが自分の人生における全ての基準になっています。徹底的に付き合った結果、ブレることのない価値基準が社会人になった9年目の今もあります。

會田 幸男(東京 2期)
 Deloitte Tohmatsu Venture Support
ライフデザインスクール生:やまきょん

やりたいことはここで見つかる

LDSの一番の魅力はとことん過去に向き合うことです。自分を形成した過去を振り返ることで、今の自分を理解でき、将来やりたいことが見えてくる。「将来何をしたいか分からない!」って人はぜひ参加してみて欲しい!

山本 恭子(大阪 1期)
 大阪大学 3年
ライフデザインスクール生:まぐ

自分らしい生き方が始まる

自分のものさしで測ることから解放され、それぞれの個性を多様な価値観として受け入れる土壌が、育まれた場でした。社会の固定概念に縛られず、自分らしい生き方を選択できるようになれたと思います。

山口 綾(東京 1期)
星野リゾート
ライフデザインスクール生:きりちゃん

変えられる未来が確かにある

ライフデザインスクールに参加すると、未来に希望が持てるようになります。自分の過去と本当に向き合うことで自分の強さ、弱さが分かるようになりました。変えられない過去だけど、向き合うことで変えられる未来があるんだと学びました。

矢口 貴理(東京 11期)
早稲田大学 3年
ライフデザインスクールの説明会申し込みはこちら

参加者インタビュー

ライフデザインスクール生:マッキー

頑張れないのは、明確な目標がないから

中村 優花(東京 11期)
 法政大学 2年
ライフデザインスクール生:マッキー

才色兼備のエンターテイナーになりたい

中村 優花(東京 11期)
 法政大学 2年

経験豊かなファシリテーターの存在が大きい

LIFE DESIGN SCHOOLのファシリテーターを務めるのは、大企業や外資企業でも活躍する経験豊富なファシリテーター。これからの企業経営、人財育成、チームビルディング、コーチングやカウンセリングに精通したメンバーが参加者の学びと成長を最大限サポートしていきます。

ライフデザインスクールのファシリテーター:たけさん

小寺 毅  Takeshi Kodera

東京生まれ、ソ連、アメリカ育ち。ファミコンもコンビニもなく過ごしたソ連時代。モノに溢れていたアメリカ社会の両極を体験して戻ってきた日本で、何の為に、何を目指して生きるのかを考え始める。大学3年時に、ひとりひとりが可能性にフタをせず実現したい未来へむかって生きられる社会を目指して起業を決意。慶應義塾大学卒業後、フィッツコーポレーションにて新規商品企画を経て、はぐくむを創業。ただ漠然と働くのではなく、何のために働き、何のために生きるのかを問うコーチングや研修を企画・実施する。関心テーマは、業績も関わる人たちの幸福度も高い経営と、子供がイキイキと育つ教育。これらの関心キーワードは「フロー経営」や「人を大切にする経営」、「Small Giants」「ホラクラシー」「サドベリー」など。経営にしろ、教育にしろ、人の可能性が最大限に発揮されていく環境や風土づくり、チームビルディングに関心があり、日々追及中。プライベートでは旅行とカメラが趣味。日本各地の神社仏閣や自然を訪れ、温泉でのんびりするのが好き。みんなから「たけさん」と呼ばれるLDSのグランド・ファシリテーター。
 

ライフデザインスクールのファシリテーター:ぐっち

平山 裕三  Yuzo Hirayama

幼少期から恋愛対象が同性だと自覚。中学・高校時代は同性愛者であることを周りに言えず悩み苦しむ青春時代を過ごす。本当の自分として幸せな人生を送ることは無理だと諦めていたが、大学時代にはぐくむと出会い、LIFE DESIGN SCHOOLを通じて「これから自分はどう生きていきたいか?」を考え始め、「カミングアウトし、あるがままに生きていきたい」と決意する。友人や家族へのカミングアウト後、個人blogにて「僕がゲイだとカミングアウトする理由」を書き、様々な人からTwitter・Facebookなどで拡散され、大きな反響を呼ぶ。大学卒業後、ソフトバンクにて法人営業を担当し、東京エリアで1位の成績を収める。また、孫正義氏の後継者を育てるソフトバンクアカデミア第1期生に選ばれ、ビジネススキルや起業家としての生き方を学ぶ。ソフトバンク退社後、はぐくむへ入社。プライベートでは山登りやキャンプなどのアウトドアが趣味。インターン生にもからかわれてしまう、イジられ&お笑い系キャラでもあり、イベントでは参加者の学生から「君、何年生?」と聞かれる32歳でもある。
ライフデザインスクールのファシリテーター:あやめ

星屋 あやめ Ayame Hoshiya

「誰もが生きることの意義を感じられ、歓びに溢れた人生を生きる社会」を目指している。幼少期の体験から、人と人とが心からの繋がりを感じ、自らの可能性を信じて実現したい人生を歩んでいく為に、はぐくむに入社する。ライフテーマは家族、子供、自然。子供たちが、両親からの愛情を感じながらも、意志を尊重され自分らしく生きていけるような子育てが関心領域。自然派育児にも興味あり。特技はテレアポ。はぐくむインターン時代はアポ神の名をもつ。また無意識に事件を発生させる天才でもある。生み出した事件簿は数え切れない程のド天然。プライベートでは旅行と映画鑑賞が趣味。

LIFE DESIGN SCHOOLの主な内容

ライフデザインスクールの風景:ロッキー

 

01 働くを考える

「WHOの視点と抜苦与楽」「モチベーション3.0と情熱の源泉」「仕事の未来・仕事の本質」

02 考え方を磨く

「いい会社を考える」「目標達成とSMARTの法則」「幸福学」「人生・仕事の方程式」

03 習慣を磨く

「習慣と優先順位」「成功者たちの8つの共通点」「Start small, Acto soonの習慣」

04 心を磨く

「ライフチャートと原体験」「Comfort ZoneとStretch Zone」「GRITと克己心」「BeliefとOS」「自己受容と他者信頼」

05 未来を描く

「マイクレドを創る」「LIFE MAPを作成する」「マイプロジェクトを決める」

06 未来に挑む

「マイプロジェクトを実行する」「他者を巻き込む」「LIFE DESIGN SCHOOL FORUM」

ライフデザインスクールの説明会申し込みはこちら

募集概要

現在、募集中のクラスは以下の通りになります。

【 オンライン 第1期】

「開催期間」
2018年5月〜2018年9月の水曜クラス
(全17回のクラス+合宿2回+FORUM)
 
「通常クラス日程」
5月23日(水)、5月30日(水)、6月6日(水)、6月13日(水)、6月20日(水)、6月27日(水)、7月4日(水)、7月11日(水)、7月18日(水)、7月25日(水)、8月1日(水)、8月8日(水)、8月15日(水)、8月22日(水)、8月29日(水)、9月5日(水) 全て9:00〜12:30
 
「合宿日程」
6月16日(土)9:00 〜 6月17日(日)17:00
8月06日(月)9:00 〜 8月07日(火)17:00
 
「FORUM(最終発表会)」
9月7日(金)9:00〜21:00
 
「ファシリテーター」
平山 裕三
 
「開催場所」
通常クラス:オンライン(zoom)
合宿:高尾山、大山 
 
「定員」
約20名 
 
「受講料」
社会人 150,000円(税抜)
学 生 120,000円(税抜)
 
「支払い方法」
一括または分割払い
上記が難しい場合は応相談

【 東京 第15期】

「開催期間」
2018年10月〜2019年3月の水曜クラス
(全17回のクラス+合宿2回+FORUM)
 
「通常クラス日程」
10月23日(火)、10月30日(火)、11月6日(火)、11月13日(火)、11月20日(火)、11月27日(火)、12月4日(火)、12月11日(火)、12月18日(火)、1月8日(火)、1月15日(火)、1月22日(火)、1月29日(火)、2月5日(火)、2月12日(火)、2月19日(火)、2月26日(火) 全て18:30〜21:30
 
「合宿日程」
11月17日(土)9:00 〜 11月28日(日)17:00
1月19日(土)9:00 〜 1月20日(日)17:00
 
「FORUM(最終発表会)」
3月2日(土)9:00〜21:00
 
「ファシリテーター」
小寺 毅
 
「開催場所」
通常クラス:東松原
合宿:高尾山、大山 
 
「定員」
約20名 
 
「受講料」
社会人 180,000円(税抜)
学 生 150,000円(税抜)
 
「支払い方法」
一括または分割払い
上記が難しい場合は応相談

ライフデザインスクールの説明会申し込みはこちら

写真ギャラリー

ライフデザインスクールには、色んなステキな瞬間が溢れていて、紹介しきれないくらいのたくさんのいい笑顔、いい絵があります。

ライフデザインスクールの風景:みんなで笑う

 
ライフデザインスクールの風景:FORUM

 
ライフデザインスクールの風景:ワークシートの記入

 
ライフデザインスクールの風景:ワークシートに取り組むマコちん
ライフデザインスクールの風景:合宿での山登り

 
ライフデザインスクールの風景:思わず笑いが溢れる

 
ライフデザインスクールの風景:山で語り合うひーくんとさくちゃん

 

 
ライフデザインスクールの風景:もえ

 

 
ライフデザインスクールの説明会申し込みはこちら

よくあるご質問

ライフデザインスクールへの参加を検討される方々が抱く疑問、質問について、実際にライフデザインスクール東京10期に参加した”ちか”がお答えします。

ライフデザインスクール生:ちか

 
濱田 千佳
ライフデザインスクール 東京10期
某有名R社 内定者
 

Q.人間力って?生き方を磨くって?

人間力や生き方の言葉の定義はまちまちだと思いますが、私は自分の心のあり方、マインドのことを指すと思っています。同年代の子と話しているとよく『スキルをつけたい。』という言葉を聞きますが、当然、スキルの土台となるのが、マインド。ここがどうなっているかどうかで、スキルはもちろん人生そのものが変わります。大げさに聞こえるかもしれませんが、私はそう思っています。そんな大切なマインド、人間力の部分は、実は企業の研修会社も取り組めていない領域なのです。人材領域で有名なR社の人事も「その人の根本を磨くことが仕事の質を左右するし、大切なことわかっているけど、ここを扱うのは難しい。なぜなら1日や2日のセミナーを受けたところで、三日坊主で終わってしまうから。」と言っていました。ここの『企業も取り組みたいけど、取り組めない領域』を6ヶ月かけて、じっくり根本から磨いていき、変えていけるのがライフデザインスクールだと思っています。(ここは他にもいろんなセミナーを受けてきましたが、「質が桁違いだな!!」と本当に思っています。)

Q.なぜ6か月もの期間?長くない?

これは思いますよね!「長!!!」って(笑)でも、終わってみたら、あっという間で、密度が濃い時間だったなと感じています。マインドや習慣、根本の部分を本質的に変えていくのは非常に難しいことです。だからこそ、6ヶ月という時間をかけ、向き合い、果敢にチャレンジしていくことで、三日坊主の変化で終わることなく、これからの人生を大きく良い方向に変えていける本質的な変化を目指していくのだと感じています。

Q.みんなでやる必要あるの?

これは私も思っていました!自分と向き合うのに、なんで仲間と一緒にやるんだろうって。でも、「仲間がいるからこそ」気づけることや体験できることが沢山あることに気づきました。仲間の話を聞いていて、自分の気づきにつながったり、仲間との衝突で味わったり気づけたりすることがあったり。一人だったら、「別にもうやらなくていいかな」と思うことも、仲間に励まされてチャレンジできたり。LDSのレクチャーの中でも、「早く行きたいなら一人で行け。遠くまで行きたいならみんなで行け。」という言葉があります。仲間がいるからこそ、自分だけでは行けない高みまで、自分の想像を超えた変化を起こせるのだと思います。

Q.やりたいことなんて変わるのになんで考えるの?

これも思ってました~!むしろ、今決める方が可能性を狭めるとさえ思ってましたね~(笑)でもこれって、やりたいことを誤解してたって後から気づいたんです。やりたいことって、すごく具体的なゴールのようなものだと思っていました。だから、自分が何を実現したいかじゃなくて、手段にばっか目がいっていました。例えば、キャリア教育がやりたいのか、IT業界がいいのか人材業界がいいのか、とかって手段でしかない。じゃあ、キャリア教育を通じて、どんな世界を目指したいの?ITの力で何をしたいのか?そういう問いを忘れていました。ここの大きなベクトル、方向性を決めることは学生でもできると思っていますし、今からしっかり考えた方が良いと思います。自分がどんな未来を目指し、そこへ向けて、どう今から生きていくのか?しっかりとした方向性をもち、そこへ向けて日々行動していく人生の方が、「やりたいことなんて変わるし〜」と思って何も決めずに暮らすよりも、ずっとずっと、生産的で充実感のある人生になります。

Q.LDSでやる 「向き合うこと」とか、自分でもできそうなんだけど、わざわざやる必要ある?

本当の意味で出来ているならいいと思います。恥ずかしながら、私は「自分の人生最強!」と思っていました。自分のことも真面目に考える方だし、なんだかんだ自分のことくらい自分で出来ている、相談だっていつもされる側だし大丈夫!くらいに。でも、それが自分自身を苦しめていることにも気づかず、今までの生き方に固執していたことに気づきました。だから、「向き合えてる!」「一人で大丈夫!」くらいに思っている人こそ、人に頼ってみたり、自分の中の世界観ばかりに閉じこもっていないで、出て来て欲しいなと思います。LDSでは、普段は見過ごされがちな部分まで、きちんと向き合える場です。自分では見えていなかった、もっと広い世界や、可能性について、たけさんを始めファシリテーターの人たちがスポットライトを当ててくれて、「自分が出来ていると思ってた範囲ってまだまだだったんだなぁ」と気付かされます。そこに関しては私が保証するので安心して欲しいですね(笑)

ライフデザインスクールの説明会申し込みはこちら

HOME